Pythonの文字列型と数値型を変換する方法について解説!

Pocket

こんにちは、爽です。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

今回はPythonの文字列型と数値型を変換する方法について確認します。
この変換操作もプログラミングの基本ともなりますので、ぜひ覚えて頂ければと思います。

■この記事の対象読者
・Pythonに興味がある方
・Pythonを学び始めてみたい方

・Pythonの文字列型と数値型をそれぞれ変換する方法を知りたい方

それではどうぞ!

数値型から文字列型への変換

数値型を文字列型に変換するためにはstr関数を使います。

#整数型宣言
int_num = 10
#文字列型に変換
str_num = str(int_num)
str_num
>>'10'
#データ型の確認
type(str_num)
>>str

#float型宣言
float_num = 10.1
#文字列型に変換
str_num = str(float_num)
str_num
#データ型の確認
type(str_num)
>>str

文字列型から数値型への変換

文字列型を数値型に変換するためにはint関数とfloat関数を使います。

#文字列型宣言
str_num = "30"
#整数型に変換
int_num = int(str_num)
int_num
>>30
#データ型の確認
type(str_num)
>>int

#文字列型宣言
str_num = "30.5"
#文字列型に変換
float_num = float(str_num)
float_num
>>30.5
#データ型の確認
type(float_num)
>>float

文字列型への変換でハマった話

今回はたったこれだけなのですが、Jupyter Notebookを使ってこの記事を書いている時に"TypeError: 'str’ object is not callable"というエラーが発生したのでここに原因と解決策を書いておきます。

■事象
strという変数名で変数を宣言した後、str関数で数値型を文字列に変換しようとするとエラー。

#strという変数名で変数を宣言
str = "Python Prgraming"

#str関数で数値型を文字列に変換しようとするとエラー
#数値型宣言
int_num = 10
#文字列型に変換
str_num = str(int_num)
      1 #文字列型に変換
----> 2 str_num = str(int_num)

TypeError: 'str' object is not callable

■原因
どうやら変数名と関数名を同じ名前にすると、関数呼び出し時にエラーになるっぽい。

■解決策
Jupyter Notebookの場合はstrという変数を削除したのち、カーネルをリスタートすればOK。
IDEでは試していませんが、Jupyter Notebookと同じようにstrという変数を削除した後、プログラムを再実行すればOKと思います。

参考資料

この記事ではUdemyのPython+FlaskでのWebアプリケーション開発講座!!~0からFlaskをマスターしてSNSを作成する~という講座と現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルという2つの講座を参考にさせていただきました。

Python+FlaskでのWebアプリケーション開発講座!!~0からFlaskをマスターしてSNSを作成する~

Udemyより抜粋

当講座は最低限のWeb開発の知識を知っていることが前提とはなりますが、とにかくPythonの説明とFlask開発の為の説明が充実しているのでおすすめです。
28時間に及ぶ長丁場の講座にはなりますが、絶対に聞く価値がある講座です。
これをマスターすればPythonでどんなアプリケーションでも作ることができると思います。

当講座のおすすめポイントを以下にまとめておきます。

当講座のおすすめポイント

とにかく説明が充実している

Webアプリ開発におけるフレームワークがなぜ有益なのか知ることができる

セキュリティ対策、Ajaxなどの技術も知れる

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a1ee3d048d6aa860662b6f58c4aa167f-1024x328.png

当講座はPythonの基礎から応用まで幅広く学べる講座なのでおすすめです。
この講座の講師はとにかくPythonについての知識が豊富ですし、話も適度な速さで聞き取りやすいです。さすがのシリコンバレーです。
また、最後の方に機械学習で使うライブラリについても解説があるので、データサイエンス・AIについても多少知ることができます。

当講座のおすすめポイントを以下にまとめておきます。

当講座のおすすめポイント

シリコンバレーで働いているということもあり、講師のPythonの知識が豊富

話も適度な速さで聞き取りやすい

コードの意味だけでなく、それをどう応用するかまで解説してくれる

なお、Udemyについては以下の記事でまとめていますのでご参考ください。

まとめ

ということで、今回はPythonの文字列型と数値型を変換する方法を解説しました。
データ型の変換はプログラミングをする上でよく出てくるテーマなので、ぜひ押さえていただければと思います。
では、今回はここまでとさせていただきます。